スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なお知らせです。

20091027

いつも、蒲生茶廊zenzaiをご利用下さり、心から感謝申し上げます。

本日は大切なおしらせです。
突然ですが、今週(10月27日・火)から、
しばらく臨時休業をさせて頂く事になりました。
実はわたくしごとですが、来年3月に出産を控えており、
あまり仕事をしますと、お腹の子に影響を及ぼし、
体調を崩してしまいます。
わたしの体は、いたって元気で仕事は十分できるのですが、
あまりせかせかと私が動くと、お腹の赤ちゃんが「苦しい~」と、
忠告してくれます。
高齢出産??ともなるとあまりムリもきかないのでしょうか!
上の子供たちとずいぶん離れて産まれてくるので、初産のような気分です。

ということで、私の代わりになって下さる方に今現在交渉中です。
その彼女が、zenzaiで頑張って下さるようであればお店は再開できますので
なが~い目でzenzaiを見守ってやって下さい。

もちろん私もお店には、毎日のように出勤しますよ!
『渡鬼』の幸楽のばあさんのようにレジ係でもやろうかな・・・。



スポンサーサイト

100年ごはん/谷山亮・着地点が終了しました。

20091025

10月18日、気持ちのいい快晴の中、

カモコレ(かごしまよかとこ博覧会in蒲生)の中のイベントの一つ、
「蒲生郷・100年ごはん」を開催、おかげさまで無事終了いたしました。
午前中は餅つき。ついたモチを分けて残し、そこにふかしたサツマイモをいれて
また突き直すと、、ねっとりとした「ねったぼ」ができました。

その後、お客様をできたての「蒲生観光交流センター」と「蒲生の大クス」へと
ご案内。ゆったりとした気持ちになってもらってから、再びzenzaiへ、、

一の膳、二の膳、三の膳、、、と100年前のメニューをご堪能いただきました。
霧島食育研究会の千葉しのぶさんのお話、解説をお聞きいただきながら、
なごやかにお食事を楽しんでいただけたようです。

またの機会に今回お出しした、郷土食メニューは提供したいと考えています。
ありがとうございました。

3の膳

ねったぼ(芋餅)、柿と栗、あわんなっと(粟ぜんざい)



料理2web

メニューの様子です。


**********************************

zenzaiギャラリーで開催していました「谷山亮・着地点」も昨日無事終了。
多くの皆様に観覧いただきありがとうございました。






蒲生郷・100年ごはん~蒲生郷士の食卓再現~

20091004

10月の18日(日)に蒲生茶廊zenzaiで、
約100年前、蒲生郷士が、秋のハレの日に食べていた料理を
蒲生産の食材を使い、昔ながらの味付けで再現いたします。

一の膳
一の膳
あまざけと、こんにゃくの刺身です。
※甘酒は、zenzai手作り、こんにゃくも昔ながらの手作りこんにゃくを再現する予定です。


二の膳
二の膳**
お膳右上:きいこん(お煮しめ)
お膳左上:じどりんさしん(地鳥の刺しみ)  
※現在では一般的ですが、昔は特別な日にしか鶏を食べられず
 家の庭にいた貴重な鶏をさばいて調理していました。
 蒲生の地鶏を使います。

お膳右下:栗・から芋ごはん
※秋の味覚、栗、カライモ、むかご、ぎんなんがたくさん入ったごはんです。
 今年の蒲生産の栗は特に甘くて美味しかったです。
お膳左下:そばき
※蒲生の後郷川でとれる鮎を出汁につかいました。
 鮎のだしは、絶品でした!

お膳外上:あわんなっとう(粟ぜんざい)
※粟に黒砂糖たっぷりのぜんざいです。
 ショウガが入っているので、さっぱりと頂けました。
お膳外下:あげそば
※大変貴重だった、なたね油を使ってそば粉の練ったものを揚げています。
 大根おろしでさっぱりと頂きます。

三の膳
三の膳
右中央:ねったぼ
※昔はもち米や砂糖が貴重品だったので、カライモをたくさん入れて
 いももちをつくりました。もち米よりもカライモの方が多く入っているので
 とっても甘くておいしい、ねったぼになりました。
 午前中10時過ぎからねったぼを皆さんと一緒につくります。
左上:柿
※どこの家庭にも庭には必ず柿の木がうえてあり、おやつとして
 親しまれてきた果物です。
左下:手もみ茶
※柿の木と同様で、庭には必ずお茶の木がありました。
 家族総出で一年分のお茶を手もみして飲んでいました。


先日、霧島食育研究会の千葉しのぶさん主導のもと、
今回のお料理のシュミレーションをさせていただきました。
私の感想として正直、昔の食事の方がおいしい!と思いました。
砂糖をほぼ使っていないのに(あわぜんざいには黒砂糖使用)こんなにおいしく出来るものなのかと目からウロコでした。

当日は千葉しのぶさんのお話もお聞きできます。
お話を聞いた上でお食事をされると、昔の郷士の姿が思い浮かぶことでしょう。
こんな機会は滅多にないので是非ご参加下さい。
午前中はねったぼのワークショップがあります。

日時:10月18日(日曜日)
   午前10時から午後1時くらいまで

場所:蒲生茶廊zenzai
お問い合わせ:0995-52-1164
参加費:3000円
定員:15名



プロフィール

Author:蒲生茶廊zenzai
鹿児島県姶良郡蒲生町にある100年以上の武家屋敷をそのまま活かした”和カフェ”蒲生茶廊zenzaiです。武家門を入ると緩やかな空気が流れています。場所は蒲生小学校・校庭前、蒲生郵便局裏を目指してお越し下さい。
ご予約は0995-52-1164まで。

大きな地図で見る




現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。